時代と共に日々変化していくエロの世界を鋭く見抜く「最新エロ」の情報サイト

誰にも教えてもらえないセックスのテクニック1

ディープキスは上あごの裏を責める

このコーナーでは、誰にも教えてもらえないセックスのテクニックを紹介します。今までマンネリ化したセックスも、多少工夫をするだけで、お互い違う刺激を味わうことができます。

 

本日ご紹介したいのは、

・いかせるディープキス
・クリトリスの責め方
・アカスリタオルの使い方
・シャワーオナニー
・有効な手マンの責め方

の5つです。

 

■ディープキスは上あごの裏を責める?

 

ディープキスするとき、通常我々は自分のベロを相手のベロに絡み合うことが多いかと思います。キスするよりも、なんとなく気持ちいいですよね。

ちなみにディープキスだけで相手をいかすことができたりします。実は上あごの裏に、女性の性感帯が隠れていて、これをベロの先っちょで舐め続けてあげると、感じる子はイっちゃう子も。場所については、自分の上あごの裏をベロで舐めてみてください。ちょっとくすぐったくて、ややザラザラする感じの部分がそうです。女性のま○この中のGスポットと似ていますね!

 

ディープキスは上あごの裏を責める

ちなみにディープキス以外にも、挿入しているとき、体勢によっては手が暇になったりするので、その時は指で刺激してあげましょう。この口のGスポット、案外感度が高い場所です。開発するといいですよ!

 

■クリトリスはスポイトで吸い出す?

女性のクリトリスを刺激するのは、一般的に手や口、それからローターや電マなどの道具を使うと思います。女性のクリトリスはいわゆる男性のち○ぽと同じもので、小さな豆のようなものだが刺激すると男性が勃起すると同じく膨張します。

 

クリトリスにはスポイト

この膨張をより大きくすることによって、セックスの感度が高くなると言われています。たとえばスポイトなどの道具を使って、クリトリスを通用より大きく膨らませてみてください。そのあと手で刺激したり、ベロで舐めたりすると、かなり高い比率で彼女の喘ぎ声がいつもよりもエロくなります。これをクリトリス吸引と言います。

クリトリス吸引をハマっている女性であれば、吸引されたままの状態でエッチを要求されることも。一度吸引を目覚めれば、もう「ノーマルモード」に戻れないかもしれません。

 

■アカスリタオルの使い方

アカスリタオルの質にもよりますが、ちょっとソフトなものですと、そのほど良い刺激のものってそこそこ気持ちいいですよね。恥ずかしいですが若い時それを穴の形にしてオナニーしたこともありました。

実はちょっとアイディアを変えてみるだけで、よいセックスグッズになります。アカスリタオルは基本体の汚れを落とすためにあるものなので、ほんの少しの摩擦力があります。これを何もつけないままで体をこすると痛くなりますが、石鹸を使って体を優しくこすると、あまり痛く感じることはありません。

仮に、石鹸ではなく、ローションだったら…

そう!アカスリタオルをローションですべすべにして、彼女のおっぱいやクリトリスを刺激するといいでしょう。やらしいヌルヌル感と、アカスリタオルの適度なザラ付き感、ほんの少しの痛みで、今までにない快感を味わうことができるようです。

クリトリスは、皮をむかない状態で刺激するといいですね。これの技は挿入中にも使えます。

 

■ちょっと熱めのシャワーでクリトリスを当てる

我々は一般的に、シャワーを浴びるとき38度前後のお湯がちょうどいいと言われます。これをちょい熱いくらいで、42度前後までに上げてクリトリスを当てるとかなりいいようです。当てた瞬間、「あつい!」と言われるかもしれません、しかしその暑さが一瞬だけのもので、10秒も立てば、シャワーの熱さが快感に快感に変わるそうです。しびれるような、今までにないような快感のようで、実はこれって、SMでローソクを垂らすことと同じ原理で、熱さによって交感神経が活性化し、性的興奮になるようです。

 

熱いシャワーでオナニー

全身で集めのシャワーだとさすがに暑そうですが、感度のいいクリトリスだけならいいでしょう。ちなみに普段シャワーオナニーになれている女性には特に効くそうです。

 

■手マンで女性をいかす

通常我々はよく、AVとかで女優さんが正面を向いて股を開いてオナニーするのを見かけますが、オナニーをしている子は実際そのような姿勢でしない方が多いと思います。というのも、一人暮らしから自分でするようになったなら違うかもしれませんが、おおむね学生時代で、夜中家の自分の部屋で隠れてするものなので、そんな股全開でオナニーして、万が一親が入ってきたら一発アウトでしょう。また男性のように後処理もないので、ほとんどの方は掛布団の中に隠れてこっそりやるみたいです。

こっそりやるもんですから、自然と横向きで体を丸めてする女子がほとんどでしょう。外から見てもわかりづらいのと、そもそも人間が生まれる前、お母さんのおなかにいるときの体勢なので、居心地がよくいきやすい、というのもあるのです。

 

女の子が実際オナニーする姿勢

そんな彼女たちのに、AVのように股を広げて手マンやクンニをしても、実際なかなかいかないのではないでしょうか。仰向けで正面から責めるよりも、横向きにして、男性は後ろに回ってそこから手を前に出して手マンしてあげたほうが、女性にとっては慣れた態勢で、安心感が強いので、いかせる可能性も高いなります。今夜早速試しにやってみてあげましょう。