時代と共に日々変化していくエロの世界を鋭く見抜く「最新エロ」の情報サイト

誰にも教えてもらえないセックスのテクニック3

セックステクニック

「誰にも教えてもらえないセックスのテクニック」シリーズ第3弾!今日は以下の3つを紹介したいと思います。

 

【本日のテーマ】
・セックスするなら深爪で!
・ピストンの時は「奥」よりも「引き」
・鼠蹊部(そけいぶ)責めとは?

 

本日もかなり役に立つセックステクニックを紹介しますので、要チェックです!

 

 

■セックスするなら必ず深爪で!

AV業界で伝説のゴールデンフィンガー加藤鷹さんもよく言いますが、相手のためには常にこれでもかというくらい深爪をします。突然なチャンスや普段手入れする習慣がないので、実にほとんどの男性はそこまでやらないではないかと思いますが、実は深爪をすることは重要です。

実は爪もそうですが、指自体つるつるしているわけではなく、指紋や、仕事や冬の乾燥でカサカサしていると、感度の高いま○こが痛いと感じることがあります。その上硬い爪があると、周りの粘膜を傷ついてしまうこともあり、最悪血が出たり、痛くてセックス続行できなかったりすることも。また爪があると中にばい菌が潜んでいる可能性が高く、傷つけると同時に菌が侵入し、最悪炎症を起こすことまでつながりかねないです。

恋人や妻、セフレがいる人はともかく、いない人でも、いざというチャンスに備えて、常に深爪にすることをお勧めします。深爪の度合いですが、出ている白い部分を全部切って、最低限肉からはみ出ないくらいにすることが条件です。それだけではありません。切った後上の角ををヤスリで丸めることも大事です。深爪って最初は痛いかもしれませんので、あまり無理して短く切らないで、できるところまで切ってそこからヤスリで丸めることもOKです。とにかく爪を、

 

・指からはみ出ないこと
・角をすべて丸めること

が大事です。

 

セックスには深爪
処理したあと、自分の指で爪を触って確認してみてください。指紋に上下当てて「ガリガリガリ」の感じがあればもう少しヤスリで丸めましょう。

深爪をする男は、女性に好印象を与えます。いうまでもなく、思いやりがある男だと思ってもらえるからです(セックス経験がない女子なら話が別ですが)今までモテてなくてもモテるようになるかもしれません。

ついでに言いますと、ま○この指ピストンはNGです。我々がAVでよく、指ピストンのような動きをしているような前戯を見かけますが、あれは演出のためにしているだけで、正直気持ちいいと思う女性はほとんどいません。先ほど言いましたように、指は濡れていないし、指紋やカサカサから生じる摩擦は痛いものです。クリトリスをいじったり、Gスポットを抑えて刺激したりすることはあっても指ピストンは間違いです。指ピストンでなければ感じない女性がいたとしたら、相当の経験者と疑ってしまいます。(笑)

 

■ピストンの時は「奥」よりも「引き」

セックスするとき、ち○ぽを奥まで突くと、子宮に当たりポルチオを刺激するとすごい快感を与えることができ、相手の喘ぎ声が一層大きくなり、エロい表情も全開です。奥を当てられるのは気持ちいいようですが、実はそのあとのち○この「引き方」も大事みたいです。実は膣の中の周りの壁は、ち○こが中に入り込む動きよりも、引くときの動きに快感を得るようになっているのです。カツンカツンの奥に突くと、子宮に振動を与え全体がジンジンする感じになりますが、引くときにサッと素早くすると、快感が下半身からじわっと来るようです。

 

ピストンは押しよりも引き

素早くするのは引くときで、入り込むときは素早さは必要ありません。むしろゆっくり中に突っ込み奥にピタとくっつけて亀頭で中をグリグリするほうがよほど気持ちいいようです。男性側としてはイキたい気持ちで、ついつい突っ込むスピードを上げてしまいがちですが、ここを我慢すれば、女性に喜ばせることもできますし、早漏防止にもつながりますので一石二鳥です。

 

 

■鼠蹊部(そけいぶ)責め

リンパマッサージを経験したことがある方ならわかるかと思いますが、太ももと体の付け根あたりをマッサージすると、全身ぽかぽかで気持ちよくなります。実はこの部分、鼠蹊部(そけいぶ)と言って、大動脈がある場所であり、また下半身のリンパ液が流れる場所でもあります。なんとなく元気がない、足の冷えやむくみ、ヒップ周りのたるみなどの改善を狙いたいときは、ここをマッサージすることによって、リンパの流れを促進し、老廃物を取り除く効果が期待できるそうです。

急にまじめに健康について語りだしたようですが、何を言いたいかというと、セックスするときにここを刺激すると、女性の感度も断然アップすることが期待できる、ということです。

 

鼠蹊部を刺激

正常位、バックなど、女性の鼠蹊部を触りやすい体勢になった時、試しに鼠蹊部を押し付けたり、ぐりぐりしてみよう。たぶん変なじわじわ感に襲われると思います。程よく力を加え続けると、だんだん気持ちよくなってゆくのです。

以前一人の女性に試したところ、バックで挿入したまま腰を動かず、ぐりぐりをするだけで絶頂までいきました。個人差はあると思いますが大体失敗しません。