時代と共に日々変化していくエロの世界を鋭く見抜く「最新エロ」の情報サイト

ガチでロリロリ4人衆 背徳の(合法)ロリAVに精液チャージが追いつかないwww

Clipboard11

もうアウロリなんてやめちゃえよ。今はいい合法ロリがあるから。
――そう、もうロリコン紳士もおかず迷子になることはない。近年の児ポ厳罰化を受けてAV業界も本気を出している。これはガチだ。最近はどこもロリ作品に力を込めている。

近作でいえばドリームチケットの作品が出色だった。タイトルもイカしてる。『おじちゃんち行くといいことある?』――売れないラノベチックで、またそそるじゃないか(!?)。

■年の差セックス応援AV!?

Clipboard13我々は今、かつてない高齢化時代を生きようとしている。社会構造の変化は、確実に男女の恋愛も変えていくだろう。ずばり、今後は年の差セックスがもっと加速していく。
極端に年の離れた男女の恋愛、そして性愛は、加藤茶の例を取らずとも、すでに現在に実在する社会現象と言えるのではないか。そういう意味でも今作で描写される、執拗なロリセックスは、みたいなことを云々と語っていても仕方ないので。レビューに入りたい。

『おじちゃんち行くといいことある? 秋山彩/碧木凛/水沢はな/埴生みこ』
出演する女優は、もちろん、全員が18歳以上のセフロリなのでご安心を。しかし、どうだろうこのロリロリっぷりは。そのへんのJKJCと並べても、溶け込むのではないか。つまり事実上のアウロリ!? ということもないが、まあ本物度合いはパネェ感じである。

同社はこれまでも極めて通好みなシリーズとして「ちいさいこ 純無垢つるまん」などもリリース。心を撃ち抜くようなタイトルセンスも発揮しながら、見事にファン(ロリコン)を掴んできた。本作はそのシリーズ4作品の総集編。全8編4時間のお買い得な1本だ。

☆シーン1

 

Clipboard02車庫入れを終えた中年男が運転席から降りて、ワゴン車の後部ハッチを開けると、もちろんそこには女児私服ルックスの「あや」(秋山彩)が寝かされているクジラックス!?

おさげ髪に、身長148cmの外見はガチ。その経緯を物語る描写はないが、もう犯罪の臭いしかしない。それが幼女フェミニストのアレをソレする。
何はともあれ、後はもうお約束で、中年男がそのエッチッチな手つきでぐったりと眠り込んだ幼女(という設定の合法ロリ)のカラダを執拗にまさぐって、起きたところを部屋に連れ込んで、戦闘開始となる。

無論、動揺する女児である。部屋の中でやたらと優しく全身をナデナデされるのだが、それは確かにお父さんや普通の大人の手つきとは違う、薄汚い性欲を感じさせるものだ…。
人差し指をフェラチオっぽくしゃぶらされて(このへんもマニアック)、ほとんど無言のまま、汚チン*舐めが開始。ぎこちない沈黙ペッティングが、背徳感を引き立てる――。

☆シーン2

 

2編目になると、すでに二人は何やら打ち解けた様子(体でわかり合ったのだ!)
笑顔も見せながら、キス&ペッティング、そしてスムーズにファックへ。立ちバック、駅弁ファックなど、アクロバットも見せつつ、華奢なパイパンボディが激しいエッチに貫禄の対応。
安心してください、合法ですよ!

☆シーン3~

 

Clipboard04この後も、心そそるマニアックなプレイで、3人のロリっ子が弄ばれる――。

ショートカットのおかっぱ頭。「りん」(碧木凛)も良いでなないか。何とも素朴なルックスで、ロリ度というか、ガチ(女児)度は、他の女優と比べても図抜けてリアルである。
最初は服を着たままネチネチと責められて、おじさんの技巧に墜ちていく。2回戦では、電マ責めで敏感なリアクションを見せ、ちっぱいで半強制のパイズリ抜きなども。いいね!

次なる登場は、ロングのおさげ髪「はな」(水沢はな)。身長147cmのリアルミニモニ(若い子は知らない)で、胸もおそらく4人の中でもっとも小さい。ガチのまな板である。
そして、この子の相手を務める男もリアルである。年齢差も身長差もかなりのギャップがある、薄汚れた作業着姿の中年男。またこいつのエッチが妙にネチネチしている。執拗な乳首弄りとクンニ。パイパンマンコをガッツリせめて、貧乳で無理のあるパイズリ抜き。
ファックの体位も様々に。幼女の身体をさんざん味わい尽くす、背徳のフルコースだ。

ラストに登場するのが、ショートカットの「みこ」(埴生みこ)。
部屋に連れ込まれるや、早くも全裸にされてしまう、待ったなしのロリファック。軽量小柄なボディを終始イジられまくる展開は、リアルなパパにとっては吐き気ものか――?
しかし、そんなもの、こっちには関係ない。それなりにふっくらとした胸が、発育のいい現代女児のリアルと重なる。ふにふにしてそうなパイパン土手をみっちり揉み込むプレイが通である。あえて女児を立たせたままアチコチ弄る展開が、リアルすぎて生唾ものだ。
ベロチュー、愛あるフェラチオ、そして駅弁ファック。お腹いっぱいのプレイ内容だ。

――ああ、なんというご馳走の総集編か。かなり本格派のロリコンも唸らされる内容ではないか。とりわけこの手の作品に力を入れているメーカーだけあり、女優も、プレイのツボも心得ている。これで物足りないあなたは、もう、頭がどうかしちゃってるのだろう。