時代と共に日々変化していくエロの世界を鋭く見抜く「最新エロ」の情報サイト

催眠オナニーをする時に、気をつけておくべき事と事前準備。

Clipboard17

オナニーのやり方次第によっては、とても気持ち良くなる場合があります。
皆さんはどのような方法でオナニーをしていますか?
誰でも気持ちの良いオナニーをしたいはずです。
そういう人にオススメしたいのが、「催眠オナニー」です。
催眠オナニーをすると、もう今までのオナニーに戻れないとまでいわれています。
催眠オナニーをする時に気をつけておくべきこと、そして事前準備などを紹介します。


 icon-check  1.催眠オナニーについて 

 icon-check  2.準備するもの 

 icon-check  3.プライバシー 

 icon-check  4.快適な環境作り 


催眠オナニーに慣れると、毎回気持ち良くなれます。
しかし気持ち良くなるには、催眠オナニーの知識や注意点をしっかりと理解しておくことも必要です。


1.催眠オナニーについて

Clipboard18

書籍も出てひとつのジャンルになりつつあります

催眠オナニーというのは、最近登場した新しい方法のオナニーです。
「今までのオナニーに飽きた」、「もっと気持ち良くなりたい」、「最新のオナニーを体験したい」などの人にオススメです。
横になって、ダウンロードした音声を聞くだけですぐに催眠状態にかかります。
この催眠状態の中でオナニーを行います。
今までにない方法のオナニーとして、行う人も増えてきました。
初めての方にしてみたら、少し信じられないようなオナニーかもしれません。
特別の音声を聞くだけで催眠状態になれます。

この催眠状態というのは非日常的な出来事ですが、実際に体験してみるととても気持ち良く感じられます。
催眠オナニーの快感を言葉で表現する人も少なくありませんが、言葉では言い表せないぐらいのエクスタシーが得られます。
催眠オナニーをする場合、催眠にかかる必要があります。
自分の意識の中にある「無意識」に、何かしらの言葉を語りかけることで感覚などをコントロールします。
ですので、人によっては慣れるまで時間がかかるかもしれません。
この無意識と呼ばれる意識に対して何かを語りかけることで、自己暗示にかかります。
このように顕在意識が直接的に情報を受け取るのではなく、無意識の状態のまま情報が届くことを催眠状態といいます。
ネット上からダウンロードした音楽を聞くことで、無の意識に入ることができます。
この無の意識状態で、様々な気持ち良い体験ができるのです。


2.準備するもの

Clipboard21催眠オナニーで気持ち良くなるには、事前に揃えておくものがあります。
まず音声を準備してください。
音声は、催眠にかかるために必要なものです。
インターネット上のサイトに音声が用意されていますので、ダウンロードしてパソコンなどに保存してください。
ダウンロードした音声は、パソコンやスマートフォンなどで聞くことができます。
さらにiTunesなどを介して携帯用プレイヤーにセットすれば、とても手軽に体験できます。

そして音声を聞くための、ヘッドフォンやイヤフォンなども忘れないでください。
催眠オナニーは直接語りかけると効果を得やすいので、イヤフォンがオススメです。
イヤフォンの種類も様々ですが、遮音性の高い製品を用意すると良いでしょう。
催眠オナニーに周辺の雑音は大敵です。
雑音が入らないように、イヤフォンの選別にも気をつけてください。
またヘッドフォンを利用する時は、頭部の締め付けにも注意します。
あまり強くならないよう、締め付けの弱いものを用意すると良いでしょう。
以上のものが準備できたら音声を聞いて、催眠を掛けてください。
次に催眠オナニーをする時に気をつけておくべきことを紹介します。


3.プライバシー

催眠オナニーで気持ち良くなるには、プライバシーに注意してください。
たとえ催眠体験といっても、その中にはオナニー行為が含まれています。
体験者も様々なことを想像しているはずです。
彼女との激しいエッチ、気になる子との淫乱プレイ、近所の奥さんと野外プレイなど、せっかくの良い場面に他人が介入するとオナニーどころではなくなります。
催眠オナニーも普通のオナニーと同じですので、誰もいない静かな環境で行うのが理想です。
他人の介入がないよう、オナニーを行う前に環境を整えておくと良いでしょう。
日頃良く行うオナニータイムと同じように、プライバシーには十分注意してください。


4.快適な環境作り

催眠オナニーで最高のエクスタシーを感じるには、オナニーを行う環境も大切です。
暑い夏であれば集中できるように涼しくし、また寒い冬であれば布団やコタツの中など、暖かい環境を用意してください。
暑すぎる場所、また寒すぎる場所でのプレイは催眠状態の妨げになります。
また風邪など病気にかかる可能性もあります。
催眠オナニーは快適な場所で催眠にかかる必要がありますので、その元となる環境作りをしっかりしておくことが大切です。
音声を聞くと、やがてゆったりと気持ち良くなります。
中には眠ってしまう人もいるようです。
このようにたとえ眠ってしまっても大丈夫なよう、快適な環境を整えておいてください。


普通のオナニーよりも気持ちの良い催眠オナニーを行い、よりエクスタシーを感じるには事前準備も必要です。
上記の催眠オナニーをする時に気をつけておくべきこと、事前準備などを参考にしてください。
環境にも気をつけて素晴らしい体験をしましょう。