時代と共に日々変化していくエロの世界を鋭く見抜く「最新エロ」の情報サイト

最高にエロい濡れ場がある邦画を4つ紹介!第二弾!

1)欲動

バリ島を舞台に、性や生をテーマに人間模様が描かれています。この作品の見所は、なんといっても元グラビアアイドルの三津谷葉子さんと斉藤工さんの濃厚なラブシーン。三津谷葉子さんは、現地の男とも激しい濡れ場を演じています。しかし、斉藤工さんとの濡れ場が、一番長く、また明るい場所でのシーンなので、三津谷葉子さんの豊満なバスト(Eカップ!)が良く見えておすすめです。

斉藤工さんが、重い病を抱える夫を好演しています。妻の三津谷葉子さんと、その病を元に関係性がぎくしゃくしていきます。この夫婦を中心に、人間の生と死という深いテーマが劇中で語られていきます。内容的にも見ごたえのある作品です。

information:
作品公開 2014年
監督 杉野希妃
キャスト 三津谷葉子 斉藤工

 

2)ジョゼと虎と魚たち

清純派女優・池脇千鶴のおっぱいが見られる作品です。池脇千鶴が下半身麻痺のジョゼを演じています。妻夫木聡さんが相手役で、福祉的なボランティアでジョゼの家に行きます。次第に恋仲になっていく2人。そして、ジョゼの家で濡れ場を迎えます。生々しいアングルや演技で、リアリティーがあります。池脇千鶴さんが好きな人は、ぜひ押さえておきたい作品です。

information:
作品公開 2003年
監督 犬童一心
キャスト 妻夫木聡 池脇千鶴

 

3)最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。

松沢まりのヒット作「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」の実写版。天才てれびくんで人気を博した橋本甜歌さんのヌードを見ることができます。もちろん、おっぱいも解禁です。橋本甜歌さんは劇中で、両親の再婚で義理の兄と暮らすことになります。その兄との濡れ場がエッチで橋本甜歌さんのファンでなくても楽しめます。また、レズシーンにも挑戦しています。こちらも見所です。

information:
作品公開 2014年
監督 青山裕企
キャスト 橋本甜歌

 

4)発狂する唇

リングで有名な高橋洋さんが脚本を書いたホラー映画。しかし、完全なるB級映画です。コメディのような展開ですが、出演者は皆、いたってまじめです。ストーリー性にはあまり期待しないほうが良いでしょう。

見所は、主演の三輪ひとみさんと姉、母親役の方の濡れ場。母と姉妹が、みな洗脳されて濃厚な濡れ場を演じています。特に三輪ひとみさんは、首吊りにされた男のペニスに、別の男に抱えられながら無理やり挿入されるシーンがあります。エロスに満ちたホラー作品です。

information:
作品公開 2000年
監督 佐々木浩久
キャスト 三輪ひとみ