時代と共に日々変化していくエロの世界を鋭く見抜く「最新エロ」の情報サイト

こんなのアリ!?泥酔女をお持ち帰り!

Zwischenablage33

泥酔企画もの、アダルト動画でもよく見かけますよね。
皆さんの中にも、泥酔女のお持ち帰りシリーズの動画を見たことある人は多いと思います。
泥酔していますので、本人は何も分かりません。
男たちのやりたい放題です。
そんな話は動画の世界だけかと思っていましたが、実は私の周りにもありました。
その時の体験談を紹介します。


 icon-check  1.駅のホーム 

 icon-check  2.ホテルで 

 icon-check  3.本番行為 

 icon-check  4.その後 

 icon-check  5.最後に 


泥酔女企画のアダルト動画を見て、いつか自分もやってみたいなと思っていました。
しかし、自分にもチャンスが巡ってきた時はとても嬉しかったです。
久しぶりに激しいピストン運動ができました。


1.駅のホーム

Zwischenablage35あれは仕事が終わって、いつものように駅のホームに行った時です。
私の仕事はとてもハードで毎日残業していましたが、その日は特に忙しく、ようやく最終電車に間に合いました。
最終電車はとても久しぶりでした。
仕事で疲れて、とても眠かったです。
早く帰って寝ようと思っていたところ、ホームのベンチに可愛い女の子が寝ていました。
寝ているのかなと思いましたがそうではなく、どうやら泥酔しているようです。

飲み会の帰りだったのでしょうか、目はうつろで視点が定まっていませんでした。
顔は可愛く私好みでしたので、しばらく様子を見ていました。
幸いにも他に人はいなかったので、彼女を介抱する感じで一緒に列車に乗ったのです。
彼女はミニスカートを履いており、その先から見える太ももに興奮を抑えることはできませんでした。
「今すぐヤリタイ」、私の気持ちは先走っていました。
しかしここで焦ってはだめだと思い、冷静を装っています。
しばらくして列車は駅に到着して、彼女と一緒に降りました。
そしてそのまま目的のホテルへと、一緒に歩いて行きました。


2.ホテルで

彼女を介抱しながら歩くのは大変でしたが、幸いにも駅からホテルまでの距離は近かったので助かりました。
深夜過ぎでしたので、駅には人はあまりいません。
しかし、ホテル周辺には結構カップルが多かったです。
彼女と一緒にホテルに入り、部屋まで歩きました。
早く出したい、その時の私の気持ちは興奮状態です。
部屋に入ると彼女をベッドに寝せ、しばらく寝顔を見ていました。
それから軽くキスをして、服の上からおっぱいを揉んでみました。
20代前半といったところでしょうか、肌がピチピチしており、とてもキレイです。

おっぱいを揉んだ後、少しずつ服を脱がしていきました。
ミニスカートの下からパンスト超しのパンティを見て、私はもう我慢できなくなりました。
パンスト超しに、彼女のオマンコを舐め舐めしましたよ。
オマンコを舐めながら、片方の手で勃起したチンコをしごきます。
泥酔して寝込んでいる彼女の顔を見ると、今すぐぶっかけたくなりました。
しかしそこは我慢して、今度は私のギンギンのチンコを彼女の口に入れました。
眠っているとはいえ、チンコが彼女の舌にからまった時はなんともいえない快楽を感じました。
しばらくそのまま、口ピストンをしてしまいました。


3.本番行為

Zwischenablage36口ピストンをしばらくした後、いよいよ彼女のオマンコに我慢の限界に達したチンコを挿入しました。
本番行為は久しぶりでしたが、気が付いたら真剣に腰を振っていました。
相手が若い女の子というのも原因かもしれませんね。
あの時は腰が痛くなるぐらい、真剣に腰を振っていた気がします。
それだけ気持ちが良かったです。

正常位、バック、騎乗位など、様々なプレイをしました。
こんな機会は二度とないだろうと思い、私は真剣にピストン運動をしました。
結局その日は3回本番行為をしました。
彼女の口、顏に、大量のザーメンをぶっかけた時は、最高の気分になれました。
いつ目を覚ますか不安でしたが、結局最後まで彼女は泥酔のままでした。


4.その後

本番行為が終わり、すぐにホテルを出ました。
私は明日も仕事があるので、彼女をそのままバス停に連れていきました。
彼女はまだ泥酔でしたので少し心配になりましたが、そのまま家に帰りました。
次の日、バス停まで行ってみましたが彼女はいません。
そのまま帰ったんだと思います。
会社にいって同僚に泥酔女のことを話したら、とてもうらやましがっていました。

泥酔女のお持ち帰りって、現実にもあるんですね。
私は泥酔ものが好きで、いつも動画を見ていました。
アダルト動画で泥酔ものを見ていると、自分も仲間入りしたいなと思っていました。
しかしそれが現実になるとは、その時まで想像もしていませんでした。
相手は泥酔しているので、接する時は十分注意する必要があります。
皆さんも泥酔女と接触する機会があったら、接し方には注意してください。
優しく介抱してあげることが大切です。
またセックスする時は、相手が起きないようにしてくださいね。


5.最後に

泥酔女のお持ち帰りに成功した体験談を紹介しました。
泥酔女と接した時、「本当にこんなのあり?」と思いました。
しかし実際に私も経験できたので、皆さんにもチャンスがあると思います。
チャンスを大切にしてくださいね。